「気が多くて飽きっぽい」は罪なのか?

「何かと気持ちがブレやすい」
「気が多くて飽きっぽい」

継続性や決断力が無い自分にNGを出して、自己否定の道へまっしぐら

そんなパターンに陥っていませんか?

人の傾向性というのは、本当に様々

何が正しくて、何が間違っているではないんですよね

それに、何が基準になっているのか不思議ですが、世間一般的な刷り込みによって一見してダメに思えることでも、その人の本質上それがベストだということもあり得ます

「気が多い」のは、そもそも好奇心旺盛という本質を持っているからかもしれません(→お名前に数霊4数を持っている人かも)

その場合は、逆に一つに決めない方がいい

興味のあることをいっぱいやっていけばいいじゃないですか

気が多い分、あれもこれもと意識が向くので、一貫性がなくブレているように感じることがあるだけです

また、チャレンジ精神の本質を持っている人は、常に目標を持ち続け、行動を起こしていく方がいい(→お名前に数霊2数を持っている人かも)

チャレンジしていく中で、長く続けるものと、やーめた!になることがあってもぜんぜんOK

それは一見すると飽きっぽいだけど、自分にとってのYESを求めようとして、物事を見極めている訳だから、自分にとって必要なこと

試してみて自分にとってのYESを掴んだら、それを継続してやっていく意識を持ってやっていけばいい

人と自分を比べて、常に自分にダメ出しをしてしまいがちな人

そもそも「自分は駄目な人間だ」と思い込んで生きている人

「本当の自分」を知ってください

本当の自分を知っていると、楽に生きられます

あの人と自分は「違う人間だ」と理解できるようになると、人と自分を比べる必要がないことが腑に落ちます

そうやって少しずつ「本当の自分」を確かめていくことで、自己肯定感もグーンと上がりますよ^^

数霊に携わっていると、人というのは本当に、

「誰一人として同じ人はいない」

と、つくづく実感します

一人一人が、自分という人間に誇りを持ち、人生に希望や期待を持って生きていけるよう、数霊を活用して欲しいなという情熱が高まりますね

まずは数霊鑑定を受けて自分を知るもOK!

数霊ベーシックコースを受講して本質から学ぶもOK!

もちろん数霊以外のツールを使って自分を知るのもOK!

なにはともあれ、「自分を知る」は最強の自己実現法です

自分という唯一無二の存在を大事にしていきましょうね~


>>数霊/総合個人鑑定の詳細はこちらへ
>>数霊ベーシックコースの詳細はこちらへ
>>心理学講座の詳細はこちらへ



——————————
やまと式かずたま術は倭眞名によって発案創出されたもので株式会社oopAsに帰属します
——————————

 


【数霊/4数】好奇心、情熱の火を灯し続けよう

数霊術では、生まれた時の名前と生年月日で、たくさんのことが分かります。

そのうち、生まれた時の名前には、その人の「本質(役柄)」の記録が刻まれているとし、それは1~9の数字に分かれます。

1~9それぞれに思考傾向、行動パターン、才能、強み、弱点などが異なり、その人本来の個性である「本当の自分」を作り出しています。

これから少しずつ、ホームページコラムで、1~9の数字に刻まれている「本質(役柄)」についてご紹介していきますね^^


好奇心の塊で、情熱家。戦略性に優れ、いつも新しいことをしたいと思っている企画屋さんの4数。

興味があること、やりたいと思うことが多岐に渡り、喜怒哀楽が激しいところがあるので、周りから見ると「コロコロ気が変わる」と思われることもあり。

しかしながら4数の人にとって、「いつも同じのルーティン」「既存のモノ・コト」には興味が湧かず、窮屈極まりありません。

「もっとより良く」を念頭に置き、自由な発想を元に次々に何か新しいことをやっていくなど、改善屋さんの才能を発揮し、企画を発信できる環境があるとベスト。

ただし、物事を途中で放り出すのではなく、しっかり責任を持つことも大切です。

また、物事の先読みをしながら戦略的にたくさんのことを同時に考え企画していく傾向があるので、頭の中がパンパンになって身動きがとれなくなることもしばしば。

考えていることや練っている戦略が道を逸脱していないかどうか?本当に正しい方向性に向かっているかどうか?独りよがりになていないかどうか?などを確認し、後押しをしてくれる信頼できるボスの存在が必要。

ボスの存在があり、ボスの片腕として自分のポジションを確立することで、やりがいに繋がります。

好奇心のまま、情熱の炎を絶やすことなく、どんどんやりたいことをやっていってください。

>>日本式数霊(かずたま)鑑定