9割の人が大きな勘違いをしている「自分を変える」

「自分を変える」について

大きな勘違いをしている人が9割

改めて考えてみたい「自分を変える」とは???

変わりたい
変えたい

そういう願望を漠然と持っている人は多いです

はたまた、急に目覚めたような気がする人も

でもまずはこれ、数霊の観点からいうと

「本来持っているものを知らない」
「本来持っているものを活かし切れていない」
「そういうタイミングがやってきた」

ということでもあるんですよね

例えばなんですが・・・

■今のままではいけない(ような気がする)

そんなふうに何かに突き動かされて鑑定に来られる方は多いです

こういう場合、人生の中で数回やってくる重要な5年間である「自立成長期」に突入していることが多いです

いわゆる自分自身や人生をバージョンアップさせる為の「大人の階段を上る」タイミングなので、何となく自分を変えたい、変わりたいという意識が強くなりやすい

5年間で経験すること、学んだことは、その後の人生に大きな影響を与えます。向き合い方、過ごし方が重要です。

■「私ができることは何?」という探しもの

「これだ!」というものに出会いたい

「私はいったい何に成るだろう?」の答えを出したい

こういう思い癖がある方は、お名前から読み解く資質として、外面数に「1数」を持っているかもしれません

外面数に1数を持っている人は、自分の才能に沿ったもので「これだ!」という心に決めたことを追求し、一流の道を歩むことが自分らしい生き方です

ゆえに「私にできることは何?」「私はいったい何をする人なの?」という自己探索をしやすい傾向あり

「これだ!」というものが明確になった1数の人は、一本道を力強く歩むエネルギーを発揮します

反面、明確にならならい1数の人は、人生の迷子になりやすい

こんなふうに、そもそも持っているものを活かし切れていないことから起こる「変わりたい」、タイミングがやってきて起こる「変わらなければ」など様々です

そして人によってそれがやってくるタイミングは違うけど、直面する時にそこに漏れなくくっついてやってくる「迷い」や「葛藤」、「壁」

しんどいな~なんて思うことはあるかもだけど、「自分」という唯一無二の人間を一生懸命に生きようとする前向きさの表れだと私は捉えます^^

ここで「自分を変えたい」ということを、もう一度改めて捉えていきたいなと思います

たくさんの人に出会う中、この「自分を変える」という本質を間違って捉え、間違った方向性で頑張っている人が数多く見受けられます

何を隠そう(隠してないけど)かつての私もそうでした

 

その間違った方向性とは

「全く違う自分」を新たにインストールしようとすること

あれが無い、これが無い

私にはこれが足りない、あれが足りない

私はあれができない、これができない

だから私はダメなんだ

それ本当?

それ、誰と、何と比べて、無い、足りないと言っているのか?

みんなが持っている才能だから、私にもないとダメ?

みんなができることだから、私もできないとダメ?

ないモノねだりに走ると、そりゃしんどいですよね

終始「何かが欠けている自分」を探し、欠けている部分を埋めることにエネルギーを注ぎこむ訳ですから

また自己否定が根底にある行動ですので、いつまで経っても満足できなくなってしまいます

違う、違います

目を向けるべきことは、

「あなたが本来持っているモノ」

他の誰にもできなくて、あなただからこそできることがある

「自分を変える」とは、「全く違う自分」になることではないんです

●本来持っているモノに気付き、受け入れること
●本当の自分を知って活かすこと
●「私だからこそ」のポテンシャルにスポットを当てること

これこそが「自分を変える」ということ

要は、自分が本来持っている資質などを理解し、活かしていくことが、本当の意味で「自分を変える」です

または、今までの「自分」でみる「自分」の視点を変化させ、本当の自分で生きる覚悟を持つことこそ、「自分を変える」ということです

ヒト真似は、やろうと思えばできます

でも、一時的なもので終わります

自分じゃない自分を生きることになるので、人生のどこかで息切れしてしまうから

自分を変えたければ、

徹底的に本当の自分を知る

つい頭をよぎる良い悪いのジャッジは横に置いておき、等身大の本当の自分を知ることが先決です

「本当の自分」を知る画期的な方法こそがこれ!!

人類史上、他に類を見ない人智を超えた鑑定術
↓↓
https://cocoru.jp/kazutama/kazutamakantei

一度、本当の自分で生きると、もう二度と、昔のニセの自分には戻りたくなくなりますよ

世間的に言われているような評価もあまり気にならなくなります

だって、「人は違って当たり前」ですからね^^

>>数霊/総合個人鑑定の詳細はこちらへ
>>数霊ベーシックコースの詳細はこちらへ
>>心理学講座の詳細はこちらへ



——————————
やまと式かずたま術は倭眞名によって発案創出されたもので株式会社oopAsに帰属します
——————————


【数霊/1数】人生の中で「咲かせる花」を見極めよう

数霊術では、生まれた時の名前と生年月日で、たくさんのことが分かります。

そのうち、生まれた時の名前には、その人の「本質(役柄)」の記録が刻まれているとし、それは1~9の数字に分かれます。

1~9それぞれに思考傾向、行動パターン、才能、強み、弱点などが異なり、その人本来の個性である「本当の自分」を作り出しています。

これから少しずつ、ホームページコラムで、1~9の数字に刻まれている「本質(役柄)」についてご紹介していきますね^^


まずトップバッターはやはり「1数」から。

「1」というと、どんなイメージがありますか?

何となく「スタート」というイメージを持つ人も多いかと思いますが、ズバリその通り!

1数自体にはスタートという意味もあります。

では名前に「1数」を持っている人の本質はどういうものか?

1数は、「種」や「卵」のような存在です。

「種」は、芽が出て花が咲いて初めて「こういう花が咲く種だったのだ」と分かります。

「卵」も同じ、殻が破れ、何かが生まれてきて初めて「こういうモノに育つ卵だったのだ」と分かります。

1数の人は、必ず何かに成る種を持っているという自覚が必要です。

そして、「どんな花が咲くのか?」「どんな花を咲かせたいのか?」を人生の中で見つけ、ぐんぐん育つように環境を整える必要があります。

適当、惰性で日常を過ごすのではなく、心の声に正直になり、自分の人生で咲かせる花を見つけてください。

それが1数の人の人生を豊かにする一つの大事なポイントです。

>>日本式数霊(かずたま)鑑定