アロマテラピー活用法~その2(沐浴法)~

アロマテラピーの活用法についてシリーズでご紹介をさせて頂きます。 今回はその第二回目です。 【精油はどうやって使えばいい?】 ■■沐浴法(もくよくほう)■■ いわゆる、アロマバス(入浴)といわれるもの。 お湯の中に精油を落として、全身や身体の一部分をつける方法です。 入浴のリラッ...

続きを読む

アロマテラピー活用法~その1(芳香浴)~

「アロマテラピーには興味があるけど、どうやって生活に取り入れたらいいか、活用方法が分からないから、精油を買うのをためらってしまいます。」 時々、そんな声をお聞きします。 確かにそうですよね。 精油自体は専門ショップを始め、雑貨屋さんや商業施設などにコーナーが設置されているのでよく目にします。 ...

続きを読む

子供の心身や知的発達に影響を与えるもの

20世紀初頭の話 乳児院や孤児院などで育った乳幼児に、高い死亡率や発達の遅れなどが多く見られました。 風邪をこじらせて肺炎で亡くなることが多かったため、それを予防する措置も取られましたが、なかなか効果が得られませんでした。 ところが、一部の施設で取られた方法によって劇的な改善をみせたの...

続きを読む

やる気がぐんぐんアップする達成目標の設定

目標に取り組む際の現実的な自信が増す、体験に基づく確かな可能性の確信をセルフ・エフィカシー(自己効力感)と呼びます。 これは、様々な課題に取り組む際の実行性を高める重要な要因であると考えられています。 そして、より具体的で身近な目標設定の方が、ハードルが高い目標設定よりも、このセルフ・エ...

続きを読む

「でも・だって・どうせ」はどうして根付いてしまうのか?

停滞を促進する魔の3D「でも・だって・どうせ」 「でも・だって・どうせ何をしても無駄だから」という気持ちは何故根付いてしまうのでしょうか? ポジティブ心理学の提唱者であるマーティン・セリグマンという心理学者が、ある実験を行いました。 電気ショックが流れる部屋にイヌを入れ、何をやっても電...

続きを読む

20 / 22« 先頭...10...1819202122