子供の心身や知的発達に影響を与えるもの

20世紀初頭の話 乳児院や孤児院などで育った乳幼児に、高い死亡率や発達の遅れなどが多く見られました。 風邪をこじらせて肺炎で亡くなることが多かったため、それを予防する措置も取られましたが、なかなか効果が得られませんでした。 ところが、一部の施設で取られた方法によって劇的な改善をみせたの...

続きを読む

やる気がぐんぐんアップする達成目標の設定

目標に取り組む際の現実的な自信が増す、体験に基づく確かな可能性の確信をセルフ・エフィカシー(自己効力感)と呼びます。 これは、様々な課題に取り組む際の実行性を高める重要な要因であると考えられています。 そして、より具体的で身近な目標設定の方が、ハードルが高い目標設定よりも、このセルフ・エ...

続きを読む

「でも・だって・どうせ」はどうして根付いてしまうのか?

停滞を促進する魔の3D「でも・だって・どうせ」 「でも・だって・どうせ何をしても無駄だから」という気持ちは何故根付いてしまうのでしょうか? ポジティブ心理学の提唱者であるマーティン・セリグマンという心理学者が、ある実験を行いました。 電気ショックが流れる部屋にイヌを入れ、何をやっても電...

続きを読む

ダイエットの強い味方

だんだん春らしい開放感溢れる季節になって来ましたね。 暖かくなると動きやすくなりますので、何か行動を起こしたくなります。 っと同時に、薄着になる季節の直前でもありますから、気になるのはダイエット。 冬の寒い間に溜め込んだ脂肪をなんとかしなきゃ~っと思う時期でもありますね。 そこで、ダ...

続きを読む

表情が与える影響は大きい

ある日の朝、会社に出勤してすぐ、上司のしかめっ面が目に入った。 その途端、自分の中の危険センサーがピコピコ働く。 「どうやら今日は朝から上司の機嫌が悪いらしい。」 そう瞬時に察知し「触らぬ神に祟りなし」で上司とは無難に係わる事を選択する・・・。 このように、言葉による会話は一切な...

続きを読む

20 / 22« 先頭...10...1819202122