アロマテラピー活用法~その2(沐浴法)~

アロマテラピーの活用法についてシリーズでご紹介をさせて頂きます。
今回はその第二回目です。

【精油はどうやって使えばいい?】

■■沐浴法(もくよくほう)■■
いわゆる、アロマバス(入浴)といわれるもの。
お湯の中に精油を落として、全身や身体の一部分をつける方法です。
入浴のリラックス・温熱効果に、精油の薬理的・心理的効果が加わることで相乗効果が期待できます。
個人差もありますが、お湯の温度を調節することで温熱作用が変わってきます。その時々の自分の状況に適している方法をとりましょう。
○お湯の温度:38~40度
 →ぬるいと感じる温度です。副交感神経を優位にし意識を鎮静。
   リラックス効果がありますので、就寝前に良いでしょう。
○お湯の温度:42度以上
 →熱いと感じる温度です。交感神経を優位にし意識は覚醒。
眠気を取りたい時、活発に動きたい時に良いでしょう。

沐浴法の種類をご紹介します。

全身浴(ぜんしんよく)
浴槽にお湯をはり、そこに直接精油を1~5滴落とし入れ、よくかき混ぜながら肩までつかります。
精油は水に溶けにくい性質がありますので浴槽のお湯にはほとんど溶けません。それによって精油がお湯の表面に浮いたり、ダマになった状態でお湯の中を浮遊する可能性もあります。
よってよくかき混ぜながら入ることと、敏感肌の方は、天然塩かキャリアオイル(アロマ用植物油)に希釈してからお湯の中に入れるようにしてください。

半身浴(はんしんよく)
浴槽にお湯をはり、そこに直接精油を1~3滴落とし入れ、よくかき混ぜながらみぞおちまでつかります。心臓に負担がかからない為、長時間お湯につかることができ、冷え性の改善や新陳代謝アップ、月経痛の緩和に有効です。20~30分ぐらいゆっくり入浴してください。
ただし、身体が温まりにくい体質の方は、上半身が冷えることもありますので、肩に乾いているタオルをかけるか、半身浴の方法は避けた方が良いかもしれません。
全身浴と同様に敏感肌の方は精油を希釈してから使ってくださいね。

座浴(ざよく)
便秘や痔、膀胱炎、デリケートな部分のかゆみの症状、産後のケアなど。
大きめのたらいか浴槽にお湯を入れ、精油を1~3滴落としよくかき混ぜます。お湯の中に腰を落とし、5~10分くらいつかり、終わったら洗わずにタオルでふきとります。

足浴(そくよく)
深めのバケツに少し熱めの40~43度くらいのお湯を入れ、精油を1~3滴ほど落とします。お湯をよくかき混ぜてから両足をふくらはぎの部分まで15~20分ほどつけます。足のむくみや冷えなどに有効です。終わったら洗わずにタオルでふきとります。

手浴(しゅよく)
洗面器やシンクなどに40度くらいのお湯をはり、精油を1~3滴落としよくかき混ぜます。そこに両手の手首まで入れ、15分くらいつけます。肩こりや冷え、上半身の血行促進、しもやけなどの手荒れに有効です。終わったら洗わずにタオルでふきとります。

【注意】
*精油の香りや刺激の強さによって滴数を加減しましょう。
*柑橘系、スパイス系の精油は皮膚刺激を感じる事があります。
使用する滴数を少なめにしましょう。(チクチクとした皮膚刺激が
 あった場合は、すぐに体をお湯か水で洗い流してください)
*精油を使う前に、必ずパッチテストを行ってください。
*精油には、赤ちゃんや妊娠中、高血圧など体の状態で
  使えないものがあります。浴槽を家族共同で使用している
場合は、特に注意が必要です。配慮しましょう。

精油を体に使用する場合は、注意が必要です。
きっちりリスク面も理解し、アロマテラピーを安全に、そして楽しみましょう。

>>精油を取り扱う際の注意事項もご一読ください

COCORU 心の成長サポートスペース
京都府京都市

■営業時間/10:00~17:00
■定休日/不定休
■場所/京都・大阪・神戸市内のカフェ・ホテルラウンジにて
■数霊鑑定/予約可能日設定あり
■心理学講座/随時開講及び予約可能日設定あり
■ご予約は全てメールにて承ります。

関連する記事